内科

はりま病院の診療科目は内科、外科、整形外科。

ホーム > 病院紹介  > 診療科の紹介 > 内科 (内科のご案内)

内科のご案内

内科診療について

    当院では、内科全般に対応できる診療を行っています。

    「消化器内科」「呼吸器内科」を専門とする医師がおり、複数の病気をお持ちの方には、各診療部門の専門医の緊密な連携により、総合的診療を行っています。

     

    消化器内科

      <食道疾患>
       ・表在癌、静脈瘤の内視鏡による診断と治療
       ・食道癌放射線化学療法

      <胃・十二指腸疾患>
       ・ヘリコバクターピロリ菌の除菌療法
       ・内視鏡によるエタノール注入、クリッピング、APC等による止血療法
       ・胃癌の化学療法

      <大腸疾患>
       ・ポリープ、癌に対するEMRを含む内視鏡的切除術
       ・クローン病
       ・潰瘍性大腸炎
       ・大腸癌化学療法

      <肝疾患>
       ・ウィルス性肝炎に対するインターフェロン、リバビリン治療
       ・肝癌に対するエタノール注入療法
       ・ラジオ波焼灼術
       ・肝動脈塞栓術

      <胆嚢・膵疾患>
       ・胆のうドレナージ
       ・内視鏡的乳頭括約筋切開術、拡張術
       ・膵癌、胆のう癌化学療法

      呼吸器内科

        ・気管喘息、肺炎、肺気腫、慢性気管支炎などの慢性下気道疾患、間質性肺炎

        ・在宅酸素療法

        ・肺癌化学療法

        内視鏡検査のお勧め

          最近は大腸癌も急激に増加してきています。

          内視鏡の進歩により胃や大腸さらに小腸までもが、言わば手の届くところになりました。診断だけはなく治療も、内視鏡でできるようになりました。以前から日本人には胃癌が多く、最近は大腸癌も急激に増加してきています。自覚症状がなくても定期的に内視鏡による検診を行い、早期発見、早期治療をめざしましょう。どうしても内視鏡検査が苦手な方には、胃なら経鼻内視鏡検査がお勧めです。会話しながら、モニター画面を見ながら検査を受けることができます。また大腸内視鏡の場合は鎮静剤や鎮痛剤を適度に使用すると、検査が楽になります。ぜひ一度相談してください。

          © 2015 特定医療法人 社団 仙齢会 はりま病院
          先頭へ