呼吸器内科

はりま病院の診療科目は内科、外科、整形外科。

ホーム > 病院紹介  > 診療科の紹介 > 呼吸器内科 (睡眠時無呼吸症候群)

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群について

  • 大きいな写真で見る

睡眠時無呼吸症候群の治療を行っています。
無呼吸でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

    本来、睡眠は日中活動した脳と身体を十分に休息させるためのものですが、睡眠中に呼吸停止が繰り返されると酸素不足となり、脳も身体も断続的に覚醒した状態になり、必要不可欠な休息がほとんどできません。その結果、強い眠気や倦怠感、集中力低下などが引き起こされ、日中の様々な活動に影響が生じてきます。※近年ではバスや大型トラックの運転手さんなどの事故の一因にもこのSASが関係しているのではないか。と注目されています。

     睡眠時無呼吸症候群(SAS)の代表的な症状としては

    1、寝ている間いびきをかく

    2、いびきが止まり、大きな呼吸とともに再びいびきをかきはじめる

    3、呼吸が止まる。または呼吸が乱れる、息苦しさを感じる

    4、何度も目が覚める(お手洗いに起きる)、寝汗をかく

    5、起きたとき口が渇いている

    6、頭が痛い、ズキズキする

    7、すっきり起きられない

    8、身体が重いと感じる

    9、起きているとき強い眠気がある

    10、だるさ、倦怠感がある

    11、集中力が続かない

    などがあります。

    2つないし、1つでも思い当たりがある方はこの睡眠時無呼吸症候群の検査を受けられることを

    お勧めします。

     なお、睡眠時無呼吸症候群についての検査・治療には健康保険が適用されますし、検査もそんなに難しくありません、まずは自宅で簡単にできる検査を受けて頂き、睡眠時無呼吸症候群と診断されれば治療に入る。それだけです。 (※ 微妙な境界型の方については、追加検査が必要な場合があります。)

    思い当たる方や、少しでも気になる方は、ご遠慮なくご相談下さい。

    睡眠時無呼吸症候群の症状と影響

      重症なSASを未治療で放置した場合、眠気により日常生活へ支障をきたすだけでなく、 高血圧や糖尿病などといった生活習慣病を発症させやすくなったり、不整脈などの心臓病を 起こしやすくなったりすることが報告されています。


      【主な症状】

       ・大きな いびき
       ・いびきをかいたあとに 呼吸が止まる(無呼吸)
       ・突然息が苦しくなって 目が覚める
       ・夜間のトイレの回数が増える 頻尿
       ・起床時の 頭痛、喉の渇き
       ・身体が だるい
       ・日中の強い 眠気(特に会議や運転中など、すぐ眠たくなる)

       ・集中力や記憶力の低下

      【日常生活への影響】

      ・居眠り

      日中の眠気のため、思うように日常生活が送れなくなり、何かに集中することができなくなります。また仕事中に居眠りをしたり、大事な会議で眠ってしまうなど、お仕事などにも支障をきたすことがあります。

      ・自動車の運転など

      居眠りをしがちになって、交通事故など事故の危険が高まります。

      検査方法

        簡易睡眠検査(簡易PSG検査・パルスオキシメーター)

        問診により睡眠時無呼吸症候群が疑われる患者様へは、ご自宅で行える簡易型の検査機器をお渡しします。検査機器を一晩装着していただき、睡眠中の心拍数、血中酸素飽和度などを測定します。

        入院検査(終夜睡眠ポリグラフィー検査)

        簡易睡眠検査により睡眠時無呼吸症候群が強く疑われる場合、より詳細な睡眠の状態を調べるために、 一泊二日の入院検査(終夜睡眠ポリグラフィー検査)を行います。

        ・終夜睡眠ポリグラフィー検査は、睡眠中の脳波、筋電図、呼吸フロー、心電図などにより、より詳細な睡眠の状態や睡眠中の身体機能を測定することができます。

        主な治療方法

          ■CPAP治療(持続陽圧呼吸装置)

          治療の有効性・安全性から、現在、最も一般的に行われている治療法です。空気で圧力をかけて喉を開くことで、空気の通りを改善する機器です。特殊なマスクと機器を使用します。
          ※ 原則、月に一回の定期受診が必ず必要となります。

          ■口腔内装具(マウスピース)

          下あごが後方へ落込んでいる方の場合、マウスピース装着によって下顎を前に突き出した状態で固定して、 上を向いて寝ている際に下顎が喉の方に移動して気道をふさがないようにするものです。

          ■手術による治療

          適応のある患者様では、口蓋垂軟口蓋咽頭形成術という喉の奥の手術や、アデノイド・扁桃・鼻の手術を行うこともあります。

          ■生活習慣の改善

          横向き就寝
           /軽症の場合、横を向いて寝たりするだけで、かなり改善する患者様もいらっしゃいます。

          ダイエット
           /肥満症の場合、体重減少が基本です。10㎏の減少でかなりの改善が期待できます。

          アルコールを控える
           /アルコールは筋肉を緩める作用があるため、気道の閉塞が起こりやすくなります。 また、寝つきが良くなることもありますが、夜中に目が覚めたり、浅い睡眠を増やしてしまう作用もあります。特に就寝前のアルコールは控えることが効果的です。

          © 2015 特定医療法人 社団 仙齢会 はりま病院
          先頭へ