お問い合わせ

患者さんが望む
治療・手術

病気、怪我は薬やリハビリなど保存的治療が基本になりますが。それでもよくならない場合や進行する際は、手術になることもございます。患者さん誰しも最初から手術をのぞまれる方はおられません。あくまでも治療をうけられるのは患者さんであり、患者さんが痛いために何ができなくて困っていらっしゃるのか、何がしたいのか…それらを考えます。例えば、富士山に行くとして、仮に遠くからいい眺めでみたいのであれば、手術のriskをとる必要はありません。まわりの環境をかえる、つまりいい眺めの場所を探せばいい。あくまでも自分の足で登りたいのか、それも麓から登るのか、5合目から登るのかによっても手段は異なります。私たちは、患者さんのお話をじっくりお聞きし、十分にお話をするように心がけています。

手術や術後ケアも患者さんやご家族と一緒に乗り越えていきたい

手術は、リスクもありますので、正直腹を割ったお話が必要です。また基本的には、患者さんご本人だけでなく、ご家族の方の了承をえた患者さんを中心に手術を行います。術後コルセットの着脱や通院投薬などの際の実質的なサポートや励ましなどの心のケアが必要になるからです。患者さんご本人のみならず家族のお考えを優先し、あくまでも僕らはお手伝いの立場です。手術はもちろん成功が前提ですが、術前後のリハビリテーションや疼痛コントロールも大きな位置を占めています。手術だけがうまくいっても、術後痛みで早期にベッドから起きられなければ意味がありませんし、術後のリハビリは辛いものです。それを我々スタッフと一緒に乗り越えて頂きたい、そう考えています。

イメージ

本当にして良かったと思っていただけるように

私たちは、術直後だけではなく、1年後また5年10年したときに、本当にしてよかったと思ってもらえるかが大切と思っています。住む家も同じで新築の家は気持ちがいいものですが、長い年月では劣化もしますし災害もあるでしょう。そのときに最良の方法で乗り越える、それも含めてが治療と考えています。大きな病院でやる安心感もありますが、小規模であるからこそできる治療、自分たちの家族のつもりで接し、患者さんの立場になってできる医療を推し進めていきたい…私たちはそのように考えています。

イメージ

はりま病院
整形外科手術の特長

  • イメージ

    手術

  • イメージ

    入院・療養

  • イメージ

    リハビリ

術後、退院後の生活や痛みのコントロールをサポートするリエゾンチームが患者様を支えます

リエゾンチーム

リエゾンチームとは

整形外科手術 部位別割合

イメージ

整形外科手術 年間200例以上

足の手術
  • 足 :3.8%
  • 大腿:20.2%
  • 下腿:32.2%
  • 膝 :3.5%
  • 股 :28.5%
  • 腱 :5.2%
  • 他 :6.6%
手の手術
  • 上腕・前腕:43.7%
  • 手 :37.0%
  • 指 :18.9%
  • 肘 :0.4%
脊椎・脊髄の手術
  • 脊椎
  • 脊髄
  • 椎間板
肩の手術
  • 脊肩
  • 鎖骨
その他
  • 顎関節
  • 靱帯断裂縫合
  • 皮膚、皮下腫瘍摘出術創傷処理

「手」「足」「肩関節」「脊髄・脊椎」を始めとする全ての運動器疾患に対し、
各領域の専門医が、個々の患者さんに最適な手術治療を提供しています。

専門的な手術

腰椎顕微鏡手術

XLIF (エックスリフ) / 腰椎側方椎体間固定術

腰痛・下肢の痛みを取り除くための、新しい手術法

これまで、腰椎の手術では、切開して骨を直接見て削っていた例が多かったですが、神経を直接見ず間接的に除圧することで患者様の負担の少ない安全性の高い手術が可能になりました。
当院では、脊柱管狭窄症(きょうさくしょう)、すべり症などの手術で、XLIFを導入しています。

  • イメージ
  • イメージ
XLIFの
メリット
  • 手術侵襲(しんしゅう)が少ない
  • 手術時間が短縮
  • 出血が比較的少ない
  • 足の痛みや歩行困難がよくなることが多いなど
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

    ゆるんだ糸をピンと張るように、椎間孔の高さをあわせ、靱帯を張ります

従来、腰椎脊柱管狭窄症は椎弓切除術など、直接除圧をおこなってきましたが、その中に「すべり」や「側弯」などが合併していると改善率が低いことが報告されています。実際我々の経験でも同じ印象でした。最近、新しく間接除圧という概念で手術が行われています。基本、椎間孔狭窄を有する患者さんが適応になります。椎間板腔が減少し、靭帯がたくれこむことで脊柱管がせまくなったような症例です。XLIFは、側方侵入で大腰筋から直接椎間板にアプローチします。神経モニタリング下に安全に椎間板を除去し大きなケージを挿入することで椎間板高さをあげ、椎間孔狭窄を解除します。出血量が少なく、これに経皮的椎弓根スクリュー挿入により手術時間も短縮されています。ただ、絶対に安全というわけではなく、腸管血管損傷などの危険性もあります。これに対しては、術前に血管造影やCT検査等を十分に行い、手術が安全に行えると評価・判断した症例に対して手術を行います。さらに術中は、神経モニタリング装置を行いより安全性の高い手術を行っています。

詳しくは、
はりま病院整形外科 医師に
ご相談ください

脊椎圧迫骨折手術

脊椎圧迫骨折に対する新しい治療法BKP(バルーンカイフォプラスティ) / 経皮的椎体形成手術

骨粗鬆症による、脊椎圧迫骨折(偽関節)の治療のための、新しい治療法

イメージ

高齢者の方の背骨は骨粗鬆症のため弱くなっているので、軽微な外傷で骨がつぶれことがあります。
圧迫骨折が生じると強い痛みで長い時間すわれない、立てないなどの日常生活に困ることがあります。
背骨の中が空洞になって痛みの原因になる場合があります。

イメージ

皮膚から針を入れ、バルーン(風船)を膨らませた後、膨らんだ部分にセメントを充填して固めることで痛みをとる治療法です。

BKPの
メリット
  • 小切開のため、患者さんの身体的負担が少ない
  • 痛みが早期に和らぐことが多く、手術当日より歩くことができる方もいます
  • 入院期間が短くて済む

通常、骨折は仮骨形成し骨が治癒していきますが、中に偽関節といって骨がつかない状態がまれにみられます。この場合、脊椎では椎体の中に空洞ができてしまいます。これによって、椎体内が不安定な状態になり、痛みがとれず長時間すわれないなどの症状がでます。
ほとんどの圧迫骨折では、コルセットやPTHの造骨促進治療で治癒しますが、この状態になると、待っても改善しにくく時間だけが経過し患者さんが無駄に時間を費やし不利益になることが予想されます。この場合、椎体の中の空洞にセメント注入し除痛をはかります。
当科では、受傷直後ではなく6週前後十分は保存治療(コルセット、PTH)をおこなっても
痛みが残存し日常生活に不便を感じる方が対象になります。この治療も、注入時の肺塞栓や、術後中長期に隣接椎の骨折がみられる場合もあり注意深い観察を行います。

詳しくは、
はりま病院整形外科 医師に
ご相談ください

人工関節手術

股関節・膝関節 人工関節 手術

スポーツ障害に悩むトップアスリートをはじめ、運動部の学生さんやスポーツ愛好家の
皆様の治療・サポートをしています。

股関節・膝関節の手術においては、骨折固定術、人工関節置換術、靭帯再建術、骨切り術などを行い、術中はもちろん、術後の痛みも取り除く神経ブロックの併用例も豊富です。また、関節外科・スポーツ整形外科の専門医による関節鏡視下手術にも対応しております。
ぜひご相談ください。

イメージ

  • イメージ
  • イメージ

特定医療法人社団 仙齢会 はりま病院

整形外科 外来診療のご案内

診療予定表はこちら

整形外科へのお問い合わせは

078-943-0050
受付時間:8:30〜11:30

メールでのお問い合わせ

〒675-0158
兵庫県加古郡播磨町北野添2丁目1番15号
Tel.078-943-0050Fax.078-943-0051

© 2020 特定医療法人 社団 仙齢会 はりま病院

イメージ交通アクセス