呼吸器内科

はりま病院の診療科目は内科、外科、整形外科。

ホーム > 病院紹介  > 診療科の紹介 > 呼吸器内科 (禁煙外来)

禁煙外来

禁煙治療について

  • 大きいな写真で見る

すでにテレビなどでご覧になった方も多くいらっしゃると思います。

ニコチンなどのお薬を使って、無理なく禁煙していく。CM通りです。

チャレンジしたいと思った方がいらっしゃいましたら、まずはご遠慮なくご相談下さい。


1.スクリーニングテスト(TDS)により、ニコチン依存症と診断された者であること。

2.喫煙指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上の者であること。

3.直ちに禁煙することを希望し、禁煙治療プログラムについて説明を受け、当該プログラムへの参加について文書により同意している者であること。


上記の3条件をすべて満たすことが保険適用の条件となります。

なお上記の条件を満たさない方で、禁煙治療を希望される場合は自費診療となります。

ニコチン依存症について

     たばこに含まれるニコチンには強い習慣性・依存性があります。 喫煙は、肺癌や慢性閉塞性肺疾患などの呼吸器疾患のみならず、動脈硬化を基盤とする多くの病気の危険因子です。また、たばこによる健康被害は喫煙者自身にとどまらず、たばこを吸わない周囲の人にも及びます。 たばこの害を知りつつもやめられないというのは、決して"意思が弱い"からではありません。ニコチン依存症という治療が必要な病気だからです。 禁煙外来はたばこをやめたいあなたを支援するための外来です。

    タバコ依存症スクリーニングテスト(TDS)

      (はい 1点、いいえ 0点)

      1.自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか
      2.禁煙や本数を減らそうと試みてできなかったことがありましたか
      3.禁煙したり本数をへらそうとしたこときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか
      4.禁煙したり本数をへらそうとしたときに、次のどれかがありましたか
      (イライラ、神経質、落ち着かない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)
      5.上の症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか
      6.重い病気にかかって、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか
      7.タバコのために健康問題が起きているとわかっていても吸うことがありましたか
      8.タバコのために精神的問題が起きているとわかっていても吸うことがありましたか
      9.自分はタバコに依存していると感じることがありましたか
      10.タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることがありましたか

      ※5点以上の場合、「ニコチン依存症」と診断されます。

      診療日時、予約について

        禁煙外来 / 水曜日 15:00 〜 16:30

        禁煙外来は完全予約制となっております。
        外来受診ご希望の方は、窓口にてご予約ください。

        © 2015 特定医療法人 社団 仙齢会 はりま病院
        先頭へ