外科

はりま病院の診療科目は内科、外科、整形外科。

ホーム > 病院紹介  > 診療科の紹介 > 外科 (外科のご案内)

外科のご案内

外科診療について

  • 大きいな写真で見る

当科では、消化器、ヘルニア、痔疾患まで、多様な疾患を治療対象にしております。高度に進行した悪性疾患(がん)、早期のがん、良性疾患が含まれますが、それぞれの病態にあわせた最適の治療方針を選択しております。高度に進行したがんでは、化学療法を行い、早期のがん、良性疾患には、機能温存手術やより侵襲の少ない腹腔鏡下手術がおこなわれます。治療成績(癌の場合5年生存率など)の向上はもちろんですが、特に患者さんの術後QOLを重視して、鏡視下手術、機能温存手術を積極的に取り入れております。

当科では、特に悪性疾患(がん)の治療を最重要視しております。高度進行癌も充分なインフォームド・コンセント(治療を始めるにあたり、私達が考えておりますことをお話しします。疾患を有する患者さんに全てをお話しし、御自身の病状を御理解いただき、そのうえで治療を始めます。)の上、できるだけ患者さんおよびご家族の要望に添ったような治療法を選んでいただいています。

がんの治療方法は発生した臓器によって大きく異なっており、それぞれの分野で日々研究がおこなわれ、進歩しております。当科では、その進歩に対応できるように、各医師は、専門とするがんの領域をもち、また当科での治療成績を全国の学会などで報告し、評価をうけております。

最近は御高齢の患者さんが増加しており、いろいろな合併症をお持ちのこともありますが、他の診療科や地域の医療機関と密接に連携し、総合的な治療をすすめております。

検査について

     ・ 内視鏡(上部、下部、経鼻内視鏡も実施しています)

     ・ 消化管透視造影(上部、下部、瘻孔造影など)、腎盂尿管造影

     ・ 超音波検査(腹部)


     ・ マルチスライスCT、MRI

        受診なし、検査のみのご利用も可能です。
        原則予約制ですが、当日実施可能な検査もあります。是非ご相談下さい。

    © 2015 特定医療法人 社団 仙齢会 はりま病院
    先頭へ