薬剤室

院内におけるチーム医療推進役として、専門職として連携、安心で良質な医療を提供する支援を行う。

ホーム > 病院紹介  > 部門の紹介 > 薬剤室 (薬剤室のご案内)

薬剤室のご案内

外来調剤

はりま病院では、院内処方による調剤をおこなっています。

院内処方によるメリット
・調剤薬局等への手数料等がないため、自己負担金額が少ない。
・薬局に行く手間や時間が節約でき、会計が一度で良い。
・希望により、薬の変更追加、日数の調節が窓口で簡単にできる。
・診療の内容をすぐ確認できるため、より的確に服薬について説明できる。

  • 大きいな写真で見る
  • 大きいな写真で見る

病棟業務

病棟に薬剤師が常駐し、新入院の初回面談、服薬指導、退院指導、1週間配薬、持参薬管理を主に行っています。医師や看護師などの医療スタッフと積極的にコミュニケーションをとることで患者様の情報を共有し、病棟での問題の解決に貢献しています。

  • 大きいな写真で見る

抗がん剤治療

    抗がん剤治療は副作用の発現を最小限にして最大の効果を上げなくてはなりません。そのために、薬剤師は当院で行われているすべての抗がん剤の治療内容を把握しチェックして、適正な方法で適正な量の治療が行われているかを確認した後、調剤をしています。また、注射の抗がん剤は薬剤師が薬局の注射混合室にて清潔で安全な環境の中で混合しています。

    薬学部実習指導

      現在、薬学部は医師と同じ6年制となっています。そこで、病院薬局での11週間の実務実習が必須となり当院薬局でも多くの実習生を受け入れています。これは、未来の薬剤師を育てる上で我々の責務であるため、積極的に教育に関わっています。

      © 2015 特定医療法人 社団 仙齢会 はりま病院
      先頭へ